投薬を前提としない心療内科・メンタルクリニック|メンタルケアならベスリクリニック

  • 初めての方

    初診お問合わせフォーム

  • 神田駅徒歩1分

    診療時間・アクセス

  • 薬に代わる急性期のうつ治療「磁気治療(TMS)」のご案内

PMS/PMDD 女性ホルモン外来

生理前の女性ホルモン不調(PMS/PMDD)

「生理前のイライラや落ち込みがつらい」「どうしても女性ホルモンで眠くなる」「生理痛で動けない」「生理の量が多くてお尻を気にする」「貧血でふらふらする」「排卵痛で悩む」などのお悩みは、もしかすると女性ホルモンが大きく関わっているかもしれません。



女性は「いつも」女性ホルモンに悩まされている?





女性ホルモンの「エストロゲン」、「プロゲステロン」により、月経時は「生理痛・過多月経」、卵胞期は「貧血」、排卵期は「排卵痛」、黄体期は「PMS/PMDD」と、女性の心身は休まることなくいつも女性ホルモンに翻弄されています。

「他の人も同じくらいじゃないの?」と意外にも自覚している人が少ないのが女性ホルモンの不調です。
PMS/PMDDは、女性ホルモン、身体、心、社会環境すべてが関係する病態です。心、脳、身体、そして人生の治療がキーとなるのが実は「PMS/PMDD治療」となります。

生理前の心と身体の不調 PMS/PMDD



PMSとは、生理3~10日前から始まる心身の不調です。眠気や頭痛・腰痛や吐き気などが起こります。PMDDは、PMSの中でも一段と心に影響があるものを示します。

「一番近い人に当たってしまう」、「突然涙がでてきてコントロールできない」、「ほっといてほしいのに、ほおっておかれると寂しくてイライラする」などの症状がみられます。

産婦人科や精神科ではPMSの多くは漢方薬の処方や低用量ピルで対応しています。しかしながら、PMDDは、産婦人科では「こころは精神科で診てもらった方がいい」精神科では「女性ホルモンは産婦人科で診てもらった方がいい」といわれるケースも少なくありません。

当院では「PMDD」をこころ、女性ホルモンの両方から診る女性医師が対応いたします。

「月経前不快気分障害(PMDD)」外来



PMSは、誰かが亡くなるなどの「人生の大きなイベント」よりも、睡眠の質の悪さ、家庭・職場の人間関係の悪さ、心の波の不安定さなどの「日常の小さなストレス」の積み重ねが症状を強くします。PMDDはセロトニンの受容体と強く関連した病態であり、当院では「抗うつ薬の原則6か月を限定とした間欠療法」も行っております。





当院では、産婦人科・心療内科の視点からPMDDをみる女性医師がおり、お一人お一人に合ったPMS/PMDD治療を5つの選択肢から治療を行っていきます。

生理前の不調(PMS/PMDD)は冬に悪化する?


患者さんの事例

(※プライバシー情報保護の観点から
事例には手を加えてあります)


①34歳女性 
生理前の頭痛なく、仕事をバリバリ頑張りたい
状態:生理痛 PMS(生理前の頭痛)
治療法:漢方

生理前、排卵日過ぎてからイライラが続き、生理直前に眠気で業務中も寝てしまい、頭痛も認めていた方です。産婦人科で「桂枝茯苓丸」を処方してもらっていましたが、いまいち効果が実感できず、精神科で半夏白朮天麻湯を処方されましたが、なかなか効果が表れないとあう漢方を相談したいと相談にいらっしゃいました。当院では「和漢の漢方診療」で瘀血・冷え・気虚の状態であると判断し、漢方処方を変えたところ、体質に合う「証にあう」状態になり、生理前の頭痛が改善し、眠気も困りづらくなりました。

②23歳女性
入社に向けて女性ホルモンをコントロールしたい
状態:PMS(生理前の眠気・イライラ)
治療法:ピル

大学の実習が始まった頃から生理前に眠気とイライラを強く感じたこと、国試前に気持ちの落ち込みが強くなったことを自覚していました。夜勤などがはじまる社会人になった後仕事をしっかりとできるようになるため女性ホルモンをコントロールしたいと考えていました。卒業後、東京に上京したことをきっかけに生理前の不調について相談したいと来院されました。

当院では生理の移動がしたいということ、生理前の不調を抑えたいという希望に合わせてピルを選択しました。ピルを開始後、吐き気やイライラ感などの副作用も見られず生理前の眠気やイライラも気にならなくなりました。入職後も生理の移動により、納期前はお尻の血で悩まされることもなく、仕事にしっかりと集中できています。


③26歳女性
早い効果がある治療でPMDDを改善したい
状態:PMDD(生理前の落ち込み)
治療法:抗うつ薬

 

1ヶ月の間に2週間だけ突然涙がでる、誰にも会いたくなくなる、イライラしてしまうことでPMSについて相談したいと来院されました。漢方は粉が苦手であり、ピルは家族から心配される、けれど即効性が欲しいと抗うつ薬の間欠療法を希望されました。

初診時は排卵4日後であり、イライラがやや始まっていたため初診日当日から抗うつ薬の服用を開始しました。

2週間後の再診時、泣かなかった!と喜んで来院されました。生理開始後に抗うつ薬の服用を中止したところ、イライラが出てきたとのことで、生理後2日までは抗うつ薬を飲むように調整しました。その後は安定し、研究もうまく進み論文もかけました。半年後抗うつ薬を中止し新たに社会人としての道を歩み始めようとしています。


④32歳女性
気圧の変動による頭痛 PMSかも…と相談したい
状態:生理痛
   PMS(生理前と気圧のによる頭痛)
治療法:漢方 ピル(産婦人科処方)

高校生のころから生理前に気分の落ち込みを自覚されていました。2週間に3日ほど腹痛があり、下痢のため休むこともありました。症状について手帳に記載をしたところ生理一週間前から強く落ち込みやすくなると気づき、PMSかもと相談にいらっしゃいました。

初診時、SDS 51点とうつ状態でした。生理前の不調だけでなく、重い生理痛、生理の量が多い過多月経、排卵痛を認めていました。ピルと抗うつ薬は怖いとのことで漢方の治療を希望され、瘀血の症状と水毒があったため2種類の漢方薬を選択しました。生理痛と過多月経があったことから産婦人科で膣エコーでの検査を行い、必要に応じてPMSにも効果があるピルを処方してもらうように伝えました。

2回目の診察時、処方した漢方のおかげで頭が重くなる程度で片頭痛にならずに済んだと喜ばれていました。産婦人科で膣エコーにて検査してもらったところ、異常はなくピルを処方されたとのことでした。ピルによる吐き気の確認をしたところ、軽度にあるということで制吐剤を処方し、お腹を下すことも多いとのことで、水毒の漢方に附子末等を加えた処方変更をおこないました。

3回目の診察時、SDS 33点とうつ状態は改善しており、ピルの吐き気も安定しました。生理前の気分の落ち込みも、気圧の変動による片頭痛もなくなり、生理痛がないとこんなにラクなんだと笑顔を見せてくれました。症状が安定しているため、通院期間を2ヶ月後に伸ばして様子を見るようにしています

⑤28歳女性
  社会復帰に向けてPMDDを改善したい
状態:生理痛、貧血
   PMS(胸張り、吐き気、生理前の落ち込み)
治療法:ピル 鉄剤 ビタミンC

生理痛、2時間に1回ナプキンを変えなければいけないほどの出血、貧血、生理前の落ち込みを主訴に来院された。生理前から胸の張りや腹痛、吐き気、気分の落ち込み等のPMS症状、生理中に腹痛、腰痛で動けなくなり仕事を生理休暇で休んでいた。生理の量が多く、特に生理後には朝の起床困難を認めていた。初診時、血の気がない顔色であり、採血を実施したところHb 10.6 MCV 82.3 Fe 35 Ft 5.1と鉄欠乏性貧血を認めたため、鉄剤とビタミンCの服用をすすめた。

産婦人科の膣エコーで器質的疾患は除外されており、月経困難症とPMSに効果があるピルを処方した。7日後、ピルによる吐き気があると連絡があり制吐剤を使用するようすすめ、吐き気は落ち着いた。ピル服用開始後3ヶ月目にはおりものに血が混じるくらいの不正出血を認めるものの、生理前の落ち込みはなくなり、生理痛がなくなった。

生理痛がなくなっただけでも人生が違うと喜ばれており、生理休暇による欠勤もなくなった。症状安定していたため、連続服用ができるように処方を変更し、最大120日出血がない飲み方をすすめた。治療開始後6か月後にはピルを連続服用してもPMSや生理痛の変化はなかった。顔色も改善し、朝すっきり起きれるようになったと喜ばれていた。

⑥42歳女性
  生理前に子供にあたってしまう
状態:PMDD(生理前に子供にあたる)
治療法:漢方無効
    セロトニントレーニング
    抗うつ薬間欠療法→連続療法
 

8年前の出産をきっかけに生理前にイライラするようになった。自分で怒りをコントロールできず収まらない。家族に当たってしまったり、傷つけてしまったり、理性でわかっているのに止められないのがつらいと来院されました。

初診時は漢方薬の治療を希望されており、胸脇苦満と水毒を認めたことから漢方薬を2種類処方した。漢方薬を飲んでもイライラが抑えられなかったとセロトニントレーニングと抗うつ薬の間欠療法を開始したところ、1か月後に、自分で生理前の怒りをコントロールできた!と報告いただきました。旦那さんにも「色々な治療を試したけれど、初めて治療効果があったね」と褒められたと喜ばれていました。

3か月後、だんだんと間欠療法の薬が効かなくなってきたと話されており、より効果を強める連続療法に変えたところ安定するようになり治療開始から6か月後には抗うつ薬を中止し、現在はお薬なしでも安定されて過ごされています。いざというときに対応できる薬を持っているのが安心といわれていました。



⑦38歳女性
 産後から始まったPMDD
状態:PMDD(生理前のイライラ)
治療法:漢方・ピル・抗うつ薬

 

2年前の出産をきっかけに生理前の不調でイライラが大きくなり子供に当たってしまいそうになる。他院でカウンセリングや抑肝散などの漢方薬が処方されていたものの著効しない。あう漢方に調整してほしいと来院された。

漢方の腹診では胸脇苦満が認められず舌の所見も抑肝散証に当てはまらないものであった。瘀血(血の巡りの悪さ)、水毒、冷えが認められたため証にあう漢方薬を処方した。

生理の出血量が多く、爪にはスプーンネイルが認められていたため鉄剤とビタミンCの併用、そして中長期的なピルの効用についてお伝えしたところ第二子の希望はないことからピルを希望された。

来院3回目でピルを飲み始めて2シート目から安定し始めた。と話されていた。不正出血もすくなく、出血量ももとの1/5程度になり安定している。


⑧52歳女性
  自分にあう漢方を処方してほしい
状態:更年期を背景としたPMS(イライラ)
   冷え症 ホットフラッシュ
治療法:漢方

 

更年期症状のイライラ感、生理になるとお腹を下しやすく冷え症があることから更年期ではないかと来院された。今まで他院で当帰芍薬散、桂枝茯苓丸、桃核承気湯の女性ホルモンの漢方薬を試すも、味が合わなかったり、お腹をくだしたり、腹痛になったりして漢方薬が合わなかった。

漢方所見では虚証であり、舌に水毒がつよくあり、腹部に冷えもあったことから漢方薬を1剤処方した。2回目の来院時には気圧の変動による頭痛と冷え症が改善しており、3回目には生理中にお腹を下すこともなくなった。身体が整ったことで感情も安定している


⑨32歳女性
 産婦人科でPMDDと診断され紹介された
状態:PME(うつ病ベースの生理前不調)
治療法:ピル(産婦人科のピルから変更)
    抗うつ薬
 

1年前の転職をきっかけに人間関係に悩み、半年前ごろから生理前にパートナーに強く当たり、自己嫌悪を繰り返すようになりました。産婦人科でPMDDと診断され、ピルを処方されていた方です。産婦人科の先生から心療内科である当院の受診をすすめられ受診をされました。

初診時の問診で、イライラしたり、落ち込んだりするのは生理がはじまっても継続しておりPMDDではなく、PMEとしてうつ病に対する治療をメインに変更しました。
産婦人科さんでもらっていたピルはPMSに対応できるピルに変更を行いました。うつ病に対する治療としては妊娠を希望するため薬は避けたいという希望があり、TMS治療とセロトニントレーニングを開始しました。

治療開始2週間後には落ち込みが改善し、朝すっきり起きれるようになりました。ピル変更後は吐き気も不正出血もありませんでした。1ヶ月目はやや生理前に落ち込みが強くなりましたが、2ヶ月目にはピルの3,4列目に落ち込みが強くなることもなくなりました。仕事に関わるカウンセリングを組み合わせながら1.5カ月で元の部署に戻り、以前より無理なく仕事ができるようになりました。


ピル:いまの「生産性」にフォーカスする



低用量ピルは一般的には「避妊」のイメージがありますが、実は今の仕事に集中する「生産性」に大きく関わります。
「生理痛で仕事を休んでしまう」「生理前にイライラして部下に当たってしまう」「生理前に落ち込んで涙が出てきてしまう」「生理が終わると貧血でふらふらする」そこまで重症でなくとも、実は健康日本21推進フォーラム 2013で明らかになった「不調時の業務遂行能力の低下原因」の第2位は女性ホルモンです。

自分では気づいていないけれど、意外と生産性が落ちている…。ホルモンをふくめて、自分の生産性、仕事をコントロールしませんか?

生産性不調の第2位は「女性ホルモン不調」



10代の「受験・試合」、20ー30代の「就活・仕事・家庭」にも大きなメリットがあるピル



キャリアウーマンにおすすめなピル

  • 生理痛の痛み止めがいらなくなりたい
  • 出血の日を少なく、納期や試験からずらしたい
  • 出血の量を少なくして貧血予防したい
  • 生理前のイライラ、落ち込みを改善したい
  • 生理前に下痢になりやすい


「いつか妊娠したい」女性に、
「いまプレコンセプションケア」を!


「いつか妊娠したい」、けれど「いまは仕事を頑張ってキャリアを作りたい」そんな女性こそ、いま「女性ホルモンを整える」ことが大きなメリットとなります。

「プレコンセプションケア」は「今の健康に向き合うことで、現在の仕事の生産性も上げ、将来の妊娠にも向き合うこと」です。積極的な女性ホルモンのケアは、「生産性を高めたい」、「いつかのための妊娠力を高めたい」というキャリアウーマンにはぴったりです。

中長期的に「ライフプランニング」したい

  • 「いま」ではなくいつか」妊娠したい
  • 妊娠できる身体づくりを今からしたい
  • 不妊になりづらい心身づくりをしたい
  • 生理前にパフォーマンス落とさず働きたい
  • 産後から心身が不安定になってきた
  • 女性の癌の予防がしたい


「いつか」の妊娠もライフデザイン



「いま」じゃないけれど「いつか」妊娠したい。そんな方へピルは大きな助けになってくれます。 「卵子の加齢」をすすめる排卵による「急性ストレス」の予防、50%が不妊になる「子宮内膜症」の予防ができます。


さらに、「妊娠回数の低下・栄養の改善から初経の前倒し」によって昔と比べ女性の生理の回数は50~100回から、450回に上昇しました。これにより、「女性の癌」が増えていると考えられており、現在では「妊娠」をするとき以外は「ピル」で生理を止めた方がいいという考えも産婦人科の中では出てきました。

まずはお気軽にお問い合わせフォームよりご相談ください。
「母親の更年期障害に振り回されないために」を寄稿しました
働く女性のライフデザイン
「企業」と「働く女性」の女性ホルモンコントロール

診療時間・アクセス

           
11:00~14:30 -
16:00~20:30 -
※▲土
9:30~17:00
休 診
日曜日・祝日
診療科
心療内科、内科、神経内科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2
神田サンミビル8F

  • ・神田駅(山手線・銀座線) 徒歩 1分
  • ・岩本町駅(都営新宿線) 徒歩 5分
  • ・小川町駅(都営新宿線) 徒歩 5分
  • ・淡路町駅(丸ノ内線) 徒歩 5分
  • 薬に頼らない磁気刺激治療(TMS)をご希望の方へ
  • パワーアップ復職・リワークプログラムのご案内
  • 不眠や睡眠時無呼吸を心配されている方へ
  • 薬に頼らない治療希望の方へ
  • ビジネスメンタルトレーニング希望の方へ
  • セカンドオピニオン希望の方へ
  • ご家族、同僚の方へ