投薬を前提としない心療内科・メンタルクリニック|メンタルケアならベスリクリニック

  • 初診の方専用

    再診の方専用

    初診お問合わせフォーム

  • 神田駅徒歩1分

    診療時間・アクセス

  • 薬に代わる急性期のうつ治療「磁気治療(TMS)」のご案内

TMS
薬に頼らない 磁気刺激治療

2019.5.20

TBS

TBS(シータバースト)の効果発現の期間

TBS(シータバースト)の治療効果発現の推移

治療時間を85%カットできるTBS(シータバースト)、治療効果の発現は?rTMSと比較するとどれくらい違うのでしょうか?

『Lancet』の報告では、TBS(シータバースト)はrTMSと変わりない治療効果発現の効果を得られていました。最初の効果発現は1週間~2週間程度ですが、TMS治療にも個人差があり中には20回で効果発現する方もいます。

当院では、定期的に医師の診察でTMS治療効果判定を行い、無理のない治療を行っております。

余談になりますが、当院でも10回の刺激程度で初めの治療効果発現が認められており、世界標準と同じ治療を行えていることもわかりました。今後もBESLI CLINICは適切なTMS治療を行うため成長を続けてまいります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。