投薬を前提としない心療内科・メンタルクリニック|メンタルケアならベスリクリニック

  • 初診の方専用

    再診の方専用

    初診お問合わせフォーム

  • 神田駅徒歩1分

    診療時間・アクセス

  • 薬に代わる急性期のうつ治療「磁気治療(TMS)」のご案内

身体の病気
かぜ 花粉症 女性・男性ホルモン 禁煙

2019.1.27

貧血

【生理後症候群】鉄不足?貧血?生理後の心身不調を解説

<生理後症候群~生理後の不調~>

生理前の不調のPMSは知っているけれど、生理前よりも生理後のほうが身体がだるい、眠気が強い、動悸がしたり不安になったり落ち込みやすい…

「生理前より生理後の方が体調が悪くなってしまう」そんなあなたは「貧血・潜在性鉄欠乏」かもしれません。

「貧血」はしっかりみる医療機関が多い一方、「潜在性鉄欠乏」に関してはなかなか手が回らないこともあるようです。最近の精神医学でもやっと分子栄養学の考え方が取り入れられ、「パニック障害に鉄剤を処方したところ、パニックが改善した」という研究が日本の精神医学会で多く読まれている雑誌に取り上げられたりしています。

生理の量は人によって異なります。周りの人と比べることがなく、みんなこんな感じだろうと生理の量が多い「過多月経」あることを自分できづいていない人も少なくありません。

ただでさえ、女性は1回の生理で男性の1ヶ月分の鉄を失います。つまり、女性は男性の2倍鉄が必要なのです。

生理の量が多いかも…?チェックリスト

□昼でも夜用ナプキンを使う日が3日以上ある

□普通のナプキン1枚では1時間もたない

□経血にレバーのような大きな塊が混じっている。

□以前より経血量が増え、日数も長くなった。

□健康診断で貧血を指摘された。
以上に当てはまる人は、潜在的鉄欠乏が原因となり、生理後に心身の不調をきたしているかもしれません。

<生理後症候群の症状~貧血と潜在性鉄欠乏>

貧血と潜在性鉄欠乏について

「血液」は「鉄」を材料にして「ヘモグロビン」を合成することでできます。(わかりやすいようにいろんなものを割愛しています。)

「鉄」が不足すると、「貧血」の状態により陥りやすくなります。「潜在性鉄欠乏」は「貧血」はないけれど、「血の材料になる鉄の値が低い」状態を示します。

つまり、健康診断などでは貧血と言われないけれど、実は鉄分が足りていないということです。

「潜在性鉄欠乏」は様々な心身状態になります。イライラ、集中力低下 神経過敏、朝起きれない、喉の違和感(つまり)、不妊、冷え性、ニキビ、肌荒れ、易疲労感などがおこります。

<生理後症候群の診断~貧血と潜在性鉄欠乏の検査方法>

医学の分野には、貧血という診断名はあるものの、生理後症候群という診断名は残念ながらありません。

しかしながら、臨床で患者さんを丁寧にみると、生理後のほうが調子が悪い方が実際にいらっしゃいます。

その方たちの多くは鉄が不足をしていたり、血が不足している貧血や潜在性鉄欠乏になっている方が多いです。

 

当院では、貧血・潜在性鉄欠乏の診断をするため、性周期をみながら採血を行い、【血球成分:WBC/Hb/MCV/Ht】に加え、【鉄動態:鉄Fe/フェリチンFt】を確認し、貧血や潜在性鉄欠乏がないかを確認します。

血球成分は検診や内科などでもみられることがありますが、鉄Fe/フェリチンFtについては検診ではみられないことが多いです。

Hbをみて貧血がないかを確認するだけでなく、鉄が不足していないか、不足しているのであればその理由はなにか、慢性炎症や、活動性の出血がないかなども確認することが必要です。

ちなみに、貧血は、大球性貧血、正球性貧血、小球性貧血に分類され、血液の材料である鉄の不足による貧血は小球性貧血であることが多いです。

<鉄FeとフェリチンFtの考え方>

□フェリチンは鉄の貯蔵の状態を示しています。

血液を作るのに鉄が足りなくなると補充してくれる「銀行」のような働きです。

□貧血の治療は、Ftの上昇を認めるまでが治療です。

いざという時のために銀行に預金までしっかりしましょう。

□潜在性鉄欠乏を治療する(自由診療)のであればFtは80-100程度を目指して補充します.

<生理後症候群の検査と治療>

まずは鉄不足になっていないか確認するため、採血による検査を行います。

当院では上記のヘモグロビン、フェリチンを測ることによって、貧血がないか、炎症がないか、慢性の鉄不足の状態はないかなどを確認していきます。

「潜在性鉄欠乏」がみつかって治療をする場合は、自由診療での鉄剤処方、もしくはドラッグストアでの鉄剤の購入、もしくは動物性の鉄(牛肉・豚肉)の摂取をおすすめしています。

鉄剤のサプリメントを飲むときは、吸収率や、他の貧血の治療、子供を授かるときの胎児のために、同時にビタミンC、ビタミンB12,葉酸を一緒に服用することをおすすめしています。

(特に妊娠中、妊活中の女性は葉酸は普段よりも多い接種が推奨されています)

ビタミンC,ビタミンB2,葉酸は水溶性ビタミンのため、量を多く摂取しても、尿に放出されるため、蓄積の心配はありません。

<ベスリクリニックにおける検査と治療>

当院では、生理後症候群(慢性の鉄不足)になっていないかを採血で確認した上で、必要に応じてピルの処方や鉄剤の処方、ビタミンCの処方などを行うことができます。

また、心身不調の原因が鉄不足でなかった場合においては、当院の専門であるメンタル面のサポートを行うことができます。まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

21 thoughts on “【生理後症候群】鉄不足?貧血?生理後の心身不調を解説

  1. 堀内 より:

    喉の違和感が貧血からきているのを知り、びっくりしました。1人目の子供を産んだ後から数年間はパニック障害のような症状もありました。
    最近、レバーや砂肝を食べてないので、意識して取ろうと思います。
    ありがとうございます。

  2. ままりん より:

    最近までは、生理前の方がイライラしてたのに。
    40を境目に体質がまた変わるなんて

  3. ねこらびゅ より:

    子宮筋腫もち、手術して筋腫を取りましたが、まだ1センチくらいのが 5個以下あります。
    鉄分サプリグミを取っています。
    量は変わらず多く、生理終わりかけに ふらふらしたり 体が重く 頭が回らず 仕事に支障があり、血液検査をしたら、フェリチンは検査なく、鉄とヘモグロビンは正常だからと 鉄分補給の薬はありませんでした。

    今 生理後ですが 体に重りをつけている様です。

    医師にフェリチンも検査をするのを 常識化していただきたいですね。

  4. あぼちゃん より:

    昨年末からパニック障害になりました。ネットでパニックの原因は鉄不足というのを知り、3ヶ月前から鉄とプロテインを毎日飲んでいますが、少しずつ改善してきているように思います。体調不良の日を確認すると生理後がほとんどの為、生理も関係あるような気がしてこちらの記事に辿り着きました。参考にさせていただきます。

  5. ゆみ より:

    私も最近生理終わりかけに頭痛と肩凝りが酷くなります。

  6. むぅ より:

    生理開始日から10日後、必ずと言って良いほどめまい、激しい頭痛、腹痛、吐き気、血の気が引いた様な感覚になり…婦人科で診療していただくも問題なし。
    もう産後2年経過しますが、毎月悩まされていました。
    こちらの内容を読んでまずは鉄分のサプリを摂取してみようと思いました!
    ありがとうございます。

  7. 44歳 より:

    今月の生理がこれまでより多くて長く、さらには終わり頃からの心の不安定さもあり、これまでと違いすぎて何が起きてるのかと検索していました。鉄分とってみます!

  8. 匿名 より:

    40代目前で生理後の方が体調不良になってきました。
    動悸や不眠、喉のつまり感や不安感、息苦しさなど。。
    婦人科や循環器科にかかっても貧血ではないからと
    フェリチンまでは調べてもらえなかったです。
    婦人科ではピルを勧められましたが、どうしても飲みたくない。漢方内科で治療をはじめ、生理後に動悸がすると
    医師に言うと貧血でも動悸するからねと。
    そこから色々調べてこのサイトに辿り着きました。
    先日からヘム鉄飲んでいます。
    効果あるといいな。

  9. むみ より:

    半年くらい前から体調不良で不安感、動悸、息苦しさ、
    パニック手前と言う症状が出ていました。
    ホルモン治療、漢方などでどうにか仕事復帰。
    その後もなぜか生理後に不安感や息ができない感覚になることも。生理前はぴんぴんしているのに。
    健康診断の貧血も大丈夫だったので気にしていなかったのですが、漢方医に生理後の不調は貧血かもと言われ、
    検査してこちらのサイトに辿り着きました。
    40手前でこんなに体質変わるなんて。。

  10. 夏井 咲子 より:

    40歳を前に生理後の不調が酷く本当に悩んでいます。採血では貧血はないと言われ、ピルを勧められるもピルは飲みたくなく漢方で様子を見ていますが全く変わらず…。毎月寝込む程で悩んでいてここのサイトに辿り着きました。生理後の症状で悩んでいるのは私だけじゃないんだと少し気持ちが楽になりました。
    何か自分に合う解決策があるといいなと思います。

  11. マイマイ より:

    月によって違うのですが、生理前の不調はpms、生理後の
    心身共に来る不調の原因が分からず、彷徨っていたら、
    ここに辿り着きました。 生理の出血で、気力まで流れて
    しまう感覚です。食事に気をつけてみたいと思いました。
    世の中の頑張っている女性達の不調が少しでも改善されますように

  12. ジャスミン より:

    2年前より生理最終日辺りから排卵期にかけて強い不安感や気分の落ち込み,動機やフラフラ感に頭痛など不安定になるようになりました。
    パニックに近いけどパニックまで酷くはなく,排卵期後には普通に戻ることから,病院ではホルモンバランスの乱れだろうと言われました。
    生理前の不調はよく聞くけど,生理後に不調が出る人は周りにおらず悩んでいたところこちらのページを見付けました。
    鉄分が関係しているとは考えもしませんでした。
    生理の量も元々多いほうで,昼間でも夜用ナプキン使用しています。
    こちらの記事を読んで,二十歳くらいの時に貧血が酷く鉄剤の注射に何年も通っていた事を思い出し,また鉄分が減っているのかもと思いました。
    また皆さんのコメントを読んで同じような症状の方がいることを知り少し安心しました。
    もう30も半ばを過ぎ,身体も変化しているのかな。。
    鉄分を積極的に摂取してみたいと思います。

  13. ゆゆゆ より:

    40代に突入してから生理後、特に排卵期あたりがしんどく、動悸、生理痛のような痛み、下痢など、不安でしたがこちらの内容とコメントを読んで納得。そして少し安心しました。過去に貧血治療したことがあり、年齢的にも更年期が視野にあるので、というかもうでてるのかも、鉄分を補うようにしてみます。
    みなさん、辛いですが、無理せずに、落ち着いて対処して乗り越えましょう。と書いてる今も動悸と下痢です、とほほ。

  14. 匿名 より:

    生理後に頭痛や不安症やパニック症になったりしていてマリンスポーツをしているのですが時々海上でパニックになることがあり、こちらのサイトを見て納得しました。昔から貧血での体調不良で悩んでました。ヘム鉄のサプリを飲んでたのですが、生理後となると一日一粒じゃ効かなくなりました。

  15. ひろ より:

    14歳で初潮を迎え今48歳34年間生理に悩まされております
    量、痛み、ふらつき、肩凝り全てにおいて辛くて、でも周り
    に同じ悩みを持つ人がおらず、家族さえも分かってもらえず
    病院では貧血。筋腫も癌もなく。ただただ体質なのです
    早く閉経したいと節に願うばかりです。最近は家で倒れる
    事もあり、ますます体力に自信がないです。

  16. さーや より:

    39歳で3人目を産みました。妊娠中はお腹の子のためと鉄分をとってましたが、産んでからは全く気にしなくなりある日のこと急な動悸から始まり立てなくなりました。婦人科にいったらかなりの貧血症状でした。
    それからは、鉄剤を毎日飲むようにして、定期的に婦人科に通っています。

    40過ぎてからは生理後半に不調を感じるようになり、調べたらそういう方が沢山いらっしゃるということを知り少し安心しました。生理時の出血も多く、それも貧血の原因なんだろうなと思います。

  17. くま より:

    40代後半になり、毎月生理3日目くらいから頭痛、肩こり、吐き気に悩まされていました。
    婦人科に行っても生理前じゃなくて?みたいな事を言われどうしたら治るのか悩んでいました。
    こちらを読んで、昔貧血気味と健診で言われたことを思い出し鉄分を服用してみようと思います。
    あと同じような症状がある方が居て、少し救われました。

  18. ゆみ より:

    去年からパニック障害になり、最近は生理後から排卵日にかけてが本当に症状がひどく、不眠、吐き気、動悸があります。
    ずっと悩んでいました。
    なんで私がこんな体なのかと。
    でも、私だけじゃ無かったんですね(ToT)
    私も2人目出産後から体調崩していきました。
    生理後からヘム鉄のサプリ飲み始めてみました。
    続けてみようと思います(^O^)

  19. にし より:

    20代前半ですが17くらいから生理中・後に貧血、不安、意識が遠のくような症状に困っております
    学業に支障が出る事もしばしば、それも毎月なので…
    コメント欄で一人ではないことを知り、少し安心しました
    婦人科に行ってみようかなという勇気が湧きました、ありがとうございます

  20. より:

    18歳高3で受験生ですが、生理前にも不調で、生理中も生理後も頭痛や眠気で勉強に集中出来なかったりとずっと悩んでいます。これから、鉄分を積極的に摂取してみようと思います。
    同じような症状の人が周りにいなくとても不安でしたが、このサイトを見られて救われた気がしました。ありがとうございます。

  21. 鮎子 より:

    フェリチン5未満から4年たち25まで増えましたがまだまだ体はしんどいです。鉄不足のパニック障害が悪化しています。生理は3日で終わるようになりました。今までなかった頭痛がでたり、生理後もふらふらで動けないです。
    生理前は死にたくなったり涙が出たり。調子がいいときがないです。40代半ば

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。