はじめての不眠症治療

一生懸命仕事をしたときやストレスを感じた時には、【脳の疲労】が起こります。睡眠は【脳の休息】であるにもかかわらず、不眠の中にはストレスで起こる不眠もあります。

仕事の成果、考えても答えが出ない不安、やるべきことで頭がヒート…睡眠がうまくいかないときには、頭がずっと重く、集中力が途切れやすくなります。

仕事に手がつかず、やるべきことがたまっていき頭だけがぐるぐる回りやすくなります。

「仕事に影響が出ないように睡眠を何とかしたい…」

「日中に眠気がでて仕事に影響が出たらどうしよう…」

「睡眠薬は依存しそうで怖い…」

はじめて不眠になった時、治療の不安がある方も安心して相談できるように、「はじめての睡眠外来」を行っています。

不眠症・睡眠障害セルフチェックリスト

  • 寝つきが悪い
  • 頭がずっと動いていて眠りが浅い
  • 途中で起きてしまう
  • 起きてもすっきりしない
  • 日中に集中力が出ない

自分のコンディションを整え、安定したパフォーマンスを発揮するために上記のチェックに当てはまる方はまずご相談ください。

初診お問い合わせ

はじめての睡眠外来ポイント

①お薬の処方種類を相談できる

ベスリクリニックでは、お薬の処方について、①お薬なし②西洋薬の睡眠薬③東洋医学の漢方薬・鍼灸の中からご案内ができます。

医療機関に来るのに、「薬を飲むのが怖い」と相談しづらい…という方もいると思います。

当院では、「お薬を飲むことを前提とせず、まずは相談したい」という方も多くいらっしゃいます。

まずはお気軽にご相談ください。

②睡眠トレーニングがある

海外では不眠に対する治療の第一選択は「睡眠薬」ではなく「生活を見直す」ことです。

睡眠に悩むビジネスパーソンは「夜眠れない」ことではなく、「日中パフォーマンスが出ない」ことに困っています。

当院では日中のパフォーマンスを軸とした全3回の【睡眠トレーニング】を行っています。

睡眠トレーニング:3,850円/回 (再診料等別)

③身体の原因がないか確認できる

不眠の原因の中には、睡眠時無呼吸症候群や甲状腺など身体の病気によるものもあります。
当院では初診時の問診や採血等で身体による原因がないか確認します。


睡眠時無呼吸症候群が疑われる場合、家でできる簡易SAS検査のご案内も可能です。
働きながらでも無理なく自分の状態や原因を整理し、適切な治療をご案内します。

初診お問い合わせ

働く人のための睡眠トレーニングとは?

日中のパフォーマンスは、ただお薬で睡眠時間を得ることではなく、「睡眠の質」をコントロールすることが重要です。

睡眠トレーニングでは、睡眠の量と質の改善を、客観的な検査やデータに基づき、眠れる生活習慣にしていくためのアドバイスをします。
不規則な生活習慣の方や、交代制勤務、不安や心配で眠れない、日中の眠気が強いなどのお悩みに対して、毎日の生活の中で実行できることを見つけ、改善を支援します。

全3回【睡眠トレーニング】を最短1.5ケ月で行うことで自分の「睡眠力」を上げます。

お薬が怖い方は、薬に頼らない体質改善を。

お薬を同時並行で使用する方は、薬を減薬しやすい体質改善で無理のない減薬を実現します。

睡眠トレーニング:3,850円/回 (再診料等別)

Neruノートとは?

Neruノートは自分で睡眠とパフォーマンスを客観視することをサポートノートです。

書くことで自分の睡眠タイプの3つがわかり、睡眠のどのポイントに気を付けることが自分の睡眠リズムを安定化するのに効果的か整理がしやすくなります。

Neruノート

自分の生活の見直しだけでなく、処方の相談もNeruノートによりしやすくなります。

今のお薬があっているのか、増量したほうが良いのか、別のお薬に変えたほうが良いのか、減薬のタイミングはいつかなど、具体的に相談したいときにもご活用ください。

睡眠外来・睡眠トレーニングの症例

〜寝付きが悪く、眠ることについて不安のあるAさん〜
寝付きが悪く、睡眠薬が手放せなかったAさん。
夜になると眠れるかが不安で眠気があってもふとんに入るとどきどきして目が覚めてきてしまうようになり、だんだんと薬の量が増えていってしまっていました。
睡眠の習慣を見直すとだんだんと改善していき、必要なお薬も徐々に減っていきました。
最終的には薬なしでも眠れるようになり、「薬がなくても眠れる自信がついた」「眠れない日があっても、翌日に早く眠れたりするのでそこまで気にならなくなった」ということを話され、卒業となりました。
〜昼夜逆転で日中眠気が強かったBさん〜
長期の休みをきかっけに昼夜逆転となり、そこからリズムを戻せず仕事中でも眠気が出ていたBさん。
朝も起きれずだんだん夜も寝たい時間に眠くならないことが増えていました。
アドバイスを実行していくと、夜に眠気が出てくることが増え朝も決まった時間に目が覚めるようになっていき日中の眠気も改善されていきました。
「自分で睡眠をコントロールできるようになってきた」「自分に効果のある方法がわかった」ということを話され、睡眠の調子が悪くなりリズムが乱れても自分で修正ができるようになっていきました。

初診お問い合わせ

不眠症・睡眠障害とは?

うまく眠れないために、日中の生活に差支えがあるのが睡眠障害・不眠症です。人間には朝起きて夜眠くなる自然な生活リズムがありますが、季節によっても個人によっても年齢や性別によってもパターンは異なります。実際に眠っている時間が短くても日中に普通の生活ができてパフォーマンス低下がなければ不眠症ではありません。

不眠症・睡眠障害の症状と診断は?

不眠症、睡眠障害は「眠れない・寝すぎ」+「生活の障害」で診断します。
・寝つきが悪い(入眠困難)
・途中で目が覚める(中途覚醒)
・朝早く目が覚める(早朝覚醒)
・ぐっすり寝た気がしない(熟眠困難)
・夜しっかり寝ても日中に眠くなる(過眠症)

病院に行くべき不眠症・睡眠障害とは?

ただ眠れないだけか、病気なのかどちらかわからないというご相談を受けることもあります。
不眠症、睡眠障害は「眠れない・寝すぎ」+「生活の障害」で診断します。
うまく夜眠れないな、土日を含めて寝すぎてしまう、という状況に加えて集中力の低下やパフォーマンスの低下などを週に2日以上感じることがあれば相談のタイミングです。
つらい状態を我慢するといつの間にか冷静に考えられなくなったり、判断できなくなったりすることもあります。できるだけ仕事に影響が出ないためにも、「こんな軽くても相談していいのかな…?」というタイミングでまず一度ご相談にいらしてみてください。「こんな軽い状態で相談に行ってもいいのかな…?」というときが一番相談に適した時です。

不眠症・睡眠障害の原因は?

不眠症を引き起こす原因は様々あります。
生活環境の変化:就職や昇進、人事異動、引っ越しなど生活リズムの変化
・身体的要因:ホルモンの変動、年齢、睡眠時無呼吸症候群、ナルコレプシー
・生活習慣的要因:入眠前のスマートフォン利用、アルコール、ニコチン、カフェイン等の嗜好品
・心理的要因:人間関係の悩み、イライラ、不安など

睡眠薬は使った方がいいの?

睡眠の不調がある時には、一時的に薬を使うメリットがある場合も多いです。
日中のパフォーマンスに大きく支障が出ている場合は、一定期間薬を使うことで仕事への影響が短期的に減らせます。
お薬で睡眠のリズムを作り体調が安定しやすくなった後には、減薬を行います。
薬でカバーした睡眠力を別のものに置き換えなければ、薬を止めると眠れなくなるということが起こります。薬の代わりになるものが、「自分の睡眠力」をあげる身体づくりなのです。

不眠症に対する漢方薬はどのようなものがありますか

ストレスや疲労、熱や冷えなどを調整する全体のアプローチからその不眠にあう漢方薬を処方しています。
・酸棗仁湯
入眠困難・中途覚醒に効果があるといわれています。知母が入っているため、軽く熱を作用がある。身体も心もどことなく休まらず寝つきが悪いような不眠に用いることが多いです。
・加味帰脾湯
心身が疲弊しきった状態で気疲れして眠れなくなりぼーっとするというような不眠に用いられることが多いです。柴胡・山梔子・牡丹皮が加味されているため、ストレス因子によりイライラやのぼせがあるときにも選ばれやすいです。
・抑肝散化陳皮半夏湯
抑肝散はストレス緩和作用を持ちます。きっかけを自覚しにくい不眠や緊張、怒り、歯ぎしりをともなう不眠に用いられることが多いです。
・柴胡加竜骨牡蛎湯・桂枝加竜骨牡蛎湯
竜骨と牡蛎の生薬を含み、悪夢や動悸を伴う不眠に用いられることが多いです。桂枝加竜骨牡蛎湯は体力が低下しており、手に汗をかいてしまうような方に用いられることが多いです。

睡眠薬の種類はどんなものがありますか?

これまではベンゾジアゼピン系睡眠薬がよく診療で使われていました。効果が高い一方、薬をやめると眠れなくなることなど(離脱症状)もあり、最近では睡眠リズムに関するホルモンを調整する睡眠薬を用いることが多くなっています。睡眠リズムに完成するホルモンのメラトニンや目を覚ますオレキシンの働きを調整する薬を使います。当院では、「初めて睡眠薬を使う」という方に対しては最初から減薬を前提として睡眠薬の中でも副作用が少なく翌日に残りにくい、睡眠薬を少量処方しています。

睡眠薬を飲んでいます、減薬したいです。

よく睡眠薬を減薬する際に、「今日は調子がいいから減らしてみよう」とできるだけ飲まないように努力されている方がいます。そのままうまくいけばよいのですが、あまりうまくいくことはありません。
「調子が良いから減らす」、は逆に「調子がわるいから増やす」につながりやすいのです。
睡眠は1日で完結するものではありません。3日、5日、1週間と数日で睡眠のバランスがとられます。
睡眠トレーニングでは、自分の睡眠力を上げるコツをふまえトータルで減薬しやすい身体づくり、適切な減薬タイミングを専門スタッフが一緒に考え実行していきます。
お薬を飲んでいるけれどいつの間にか睡眠薬がないと眠れなくなった、とお困りの方もまずはお気軽にご相談ください。

ストレスで眠りにくくなったのに、睡眠トレーニングは効果がありますか?

睡眠がうまく取れなくなる原因の多くはストレスをきっかけとした生活習慣の変化です。
仕事や家族の悩みなど原因ははっきりしていても、睡眠に影響するほどの大きなストレスは時間も体力も必要です。
原因がはっきりしていると頭でわかっていても、不安になってしまう。
睡眠の不調は日中の疲れだけでなく、落ち込み、不安になりやすくなるなど心にも影響もします。睡眠トレーニングは生活を見直すことで、自分の心身がストレス状況に左右されにくい身体づくりから心のサポートを行います。

他院に通院中です。睡眠トレーニングだけ受けれますか?

かかりつけの先生はそのままで当院のカウンセリングを併診で受けられます。
かかりつけの医療機関は、自分が通院しやすい場所にあるかが大事なポイントです。
家や職場の近くでお薬は出してくれるけれど、どのように自分の生活を整えるか、お薬と向き合うかについてあまりお話ししてくれないという悩みがある場合は当院での睡眠トレーニングを一緒に受けることも可能です。 まずはお気軽にご相談ください。

考え事をして眠ることができません。頭や身体が熱いです。

日中のストレスが高く、考え事をして頭や身体に熱がこもってしまう状態の場合、睡眠カウンセリングではなく東洋医学的なアプローチで熱のバランスを整えることが良い場合があります。
心身の疲労が強い場合には、当院では睡眠外来の前に漢方薬、補気の鍼灸、カウンセリングを組み合わせることもあります。心身の熱と冷えを調整してバランスをとることが治療の近道になる場合もあります。まずはご相談ください。

睡眠の異常は脳の異常につながりますか?睡眠と脳・セロトニンの関係を教えてください

睡眠を誘導する脳内物質のひとつがメラトニンです。メラトニンは脳の松果体から分泌され、光の影響をうけて昼間には5-HTに代謝されます。昼夜で濃度が変動することで概日リズム(サーカディアンリズム)を作っています。5-HTは覚醒にも関係しており、夜は逆にメラトニンに代謝されます。5-HTは情動(不安・焦燥)や睡眠、偏頭痛などにも関連し、5-HTの働きが低下するとうつ病のリスクとともに不眠のリスクも高くなります。

眠れなくてイライラします。

睡眠は唯一の【脳の休息】です。睡眠の不調は集中力の低下をおこし、信頼に影響するミスを起こしてしまう可能性があります。実は睡眠不足による日中のパフォーマンス低下は、その本人は気づきにくい。というデータもあります。
睡眠は情動にもかかわるため、イライラしやすくなったり、不安になりやすくなったりもします。仕事の負荷がかかった時に一番最初に出やすい兆候は睡眠の乱れです。
安定して日中のパフォーマンスが発揮できるようにビジネススキルとしての睡眠スキルをつけましょう。

眠れないときは横になるだけになっています

眠れないときには自分の身体が休めているか不安になりますよね。かつて不眠の際には夜眠れなければ身体だけは横になっていたほうが良い、と衛生指導をされていたこともあります。しかしながら、最近では眠れないときに寝床で横になっていると睡眠の質が下がる、日中の身体疲労が低下するため夜の睡眠がよりとりづらくなると考えられるようになりました。疲労が強いのであれば、できる限り上半身を上げながら座るなど眠くないときには寝床からでたり、横にならずにいることも一つです。

睡眠を改善すると企業にどんな良い影響が出ますか

睡眠を見なおすとパフォーマンスにどれほど変化がみられるのでしょうか。
ある企業にて当院が「睡眠のセルフケア法」についての研修を行いました。
日勤のデスクワークの14名の方に研修時と2か月後生産性の向上について自己評価して頂いた結果、時間管理、身体能力、判断・集中、作業遂行、コミュニケーション、生産能力の6つのカテゴリーすべてに改善を見る事が出来ました。全体としても12.3%の向上です。