投薬を前提としない心療内科・メンタルクリニック|メンタルケアならベスリクリニック

  • 初めての方

    初診お問合わせフォーム

  • 神田駅徒歩1分

    診療時間・アクセス

  • 薬に代わる急性期のうつ治療「磁気治療(TMS)」のご案内

PMS/PMDD 女性ホルモン外来

生理前の女性ホルモン不調(PMS/PMDD)

「生理前のイライラや落ち込みがつらい」「どうしても女性ホルモンで眠くなる」「生理痛で動けない」「生理の量が多くてお尻を気にする」「貧血でふらふらする」「排卵痛で悩む」などのお悩みは、もしかすると女性ホルモンが大きく関わっているかもしれません。



女性は「いつも」女性ホルモンに悩まされている?





女性ホルモンの「エストロゲン」、「プロゲステロン」により、月経時は「生理痛・過多月経」、卵胞期は「貧血」、排卵期は「排卵痛」、黄体期は「PMS/PMDD」と、女性の心身は休まることなくいつも女性ホルモンに翻弄されています。

「他の人も同じくらいじゃないの?」と意外にも自覚している人が少ないのが女性ホルモンの不調です。
PMS/PMDDは、女性ホルモン、身体、心、社会環境すべてが関係する病態です。心、脳、身体、そして人生の治療がキーとなるのが実は「PMS/PMDD治療」となります。

生理前の心と身体の不調 PMS/PMDD



PMSとは、生理3~10日前から始まる心身の不調です。眠気や頭痛・腰痛や吐き気などが起こります。PMDDは、PMSの中でも一段と心に影響があるものを示します。

「一番近い人に当たってしまう」、「突然涙がでてきてコントロールできない」、「ほっといてほしいのに、ほおっておかれると寂しくてイライラする」などの症状がみられます。

産婦人科や精神科ではPMSの多くは漢方薬の処方や低用量ピルで対応しています。しかしながら、PMDDは、産婦人科では「こころは精神科で診てもらった方がいい」精神科では「女性ホルモンは産婦人科で診てもらった方がいい」といわれるケースも少なくありません。

当院では「PMDD」をこころ、女性ホルモンの両方から診る女性医師が対応いたします。

「月経前不快気分障害(PMDD)」外来



PMSは、誰かが亡くなるなどの「人生の大きなイベント」よりも、睡眠の質の悪さ、家庭・職場の人間関係の悪さ、心の波の不安定さなどの「日常の小さなストレス」の積み重ねが症状を強くします。PMDDはセロトニンの受容体と強く関連した病態であり、当院では「抗うつ薬の原則6か月を限定とした間欠療法」も行っております。





当院では、産婦人科・心療内科の視点からPMDDをみる女性医師がおり、お一人お一人に合ったPMS/PMDD治療を5つの選択肢から治療を行っていきます。

いまの「生産性」にフォーカスする



低用量ピルは一般的には「避妊」のイメージがありますが、実は今の仕事に集中する「生産性」に大きく関わります。
「生理痛で仕事を休んでしまう」「生理前にイライラして部下に当たってしまう」「生理前に落ち込んで涙が出てきてしまう」「生理が終わると貧血でふらふらする」そこまで重症でなくとも、実は健康日本21推進フォーラム 2013で明らかになった「不調時の業務遂行能力の低下原因」の第2位は女性ホルモンです。

自分では気づいていないけれど、意外と生産性が落ちている…。ホルモンをふくめて、自分の生産性、仕事をコントロールしませんか?

生産性不調の第2位は「女性ホルモン不調」



10代の「受験・試合」、20ー30代の「就活・仕事・家庭」にも大きなメリットがあるピル



キャリアウーマンにおすすめなピル

  • 生理痛の痛み止めがいらなくなりたい
  • 出血の日を少なく、納期や試験からずらしたい
  • 出血の量を少なくして貧血予防したい
  • 生理前のイライラ、落ち込みを改善したい
  • 生理前に下痢になりやすい


患者さんの事例



〜生理前にイライラを繰り返していたIさん〜

生理前、排卵日過ぎてからイライラが続き、生理直前に眠気で業務中も寝てしまい、頭痛も認めていたIさん。生理前のイライラの際にパートナーに八つ当たりをしてしまう自己嫌悪、生理の量も多く、生理痛にも悩まされながら受診されました。産婦人科で「桂枝茯苓丸」を処方してもらっていましたが、いまいち効果が実感できずにいました。

当院では「和漢の漢方診療」で、桂枝茯苓丸より「当帰芍薬散」があうと診断され、まずは漢方の治療で、体質に合う「証にあう」状態になり、生理前の頭痛はなくなりました。

しかし生理痛はつづいており、「PMSと生理痛に効果があるピル」を処方したところ、次の月から「生理痛」が無くなりました。

残念ながら、「生理前のイライラ」は残存しており、6か月間限定の生理前だけに間欠療法を始めたところ、1ヶ月目でピタッとPMDDは改善され、仕事も休まずに行けるようになりました。
いまでは、生理痛も、生理を移動することで納期前はお尻の血で悩まされることもなく、生理前の不調に悩まされることもなく、仕事をバリバリ頑張っています、

「いつか妊娠したい」女性に、
「いまプレコンセプションケア」を!


「いつか妊娠したい」、けれど「いまは仕事を頑張ってキャリアを作りたい」そんな女性こそ、いま「女性ホルモンを整える」ことが大きなメリットとなります。

「プレコンセプションケア」は「今の健康に向き合うことで、現在の仕事の生産性も上げ、将来の妊娠にも向き合うこと」です。積極的な女性ホルモンのケアは、「生産性を高めたい」、「いつかのための妊娠力を高めたい」というキャリアウーマンにはぴったりです。

中長期的に「ライフプランニング」したい

  • 「いま」ではなくいつか」妊娠したい
  • 妊娠できる身体づくりを今からしたい
  • 不妊になりづらい心身づくりをしたい
  • 生理前にパフォーマンス落とさず働きたい
  • 産後から心身が不安定になってきた
  • 女性の癌の予防がしたい


「いつか」の妊娠もライフデザイン



「いま」じゃないけれど「いつか」妊娠したい。そんな方へピルは大きな助けになってくれます。 「卵子の加齢」をすすめる排卵による「急性ストレス」の予防、50%が不妊になる「子宮内膜症」の予防ができます。


さらに、「妊娠回数の低下・栄養の改善から初経の前倒し」によって昔と比べ女性の生理の回数は50~100回から、450回に上昇しました。これにより、「女性の癌」が増えていると考えられており、現在では「妊娠」をするとき以外は「ピル」で生理を止めた方がいいという考えも産婦人科の中では出てきました。

まずはお気軽にお問い合わせフォームよりご相談ください。

診療時間・アクセス

           
11:00~14:30
16:00~20:30
※土曜
9:30~17:00
※日曜
TMS再診のみ
      10:00~15:30
休 診
祝日
診療科
心療内科、内科、神経内科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2
神田サンミビル8F

  • ・神田駅(山手線・銀座線) 徒歩 1分
  • ・岩本町駅(都営新宿線) 徒歩 5分
  • ・小川町駅(都営新宿線) 徒歩 5分
  • ・淡路町駅(丸ノ内線) 徒歩 5分
  • 薬に頼らない磁気刺激治療(TMS)をご希望の方へ
  • パワーアップ復職・リワークプログラムのご案内
  • 不眠や睡眠時無呼吸を心配されている方へ
  • 薬に頼らない治療希望の方へ
  • ビジネスメンタルトレーニング希望の方へ
  • 減薬希望の方へ
  • セカンドオピニオン希望の方へ
  • ご家族、同僚の方へ