投薬を前提としない心療内科・メンタルクリニック|メンタルケアならベスリクリニック

  • 初めての方

    初診ご相談フォーム

  • 神田駅徒歩1分

    診療時間・アクセス

  • 薬に代わる急性期のうつ治療「磁気治療(TMS)」のご案内

院長・スタッフ紹介

院長・主要スタッフ紹介

田中 伸明

田中 伸明

役職
医師、院長
経歴
熊本県人吉高校出身、鹿児島大学医学部卒業。 日本神経学会認定医、日本東洋医学学会専門医、医師会産業医。 学生時代はコンピュータクラブ部長の傍ら東洋医学にのめり込み、北京中医学院、上海中医学院で学びました。卒業後は神経内科専門医を取得し、諏訪中央病院(鎌田実院長)で地域医療に従事、その後厚生労働省で行政を、外資系コンサルティングファームでマネジメントを学んできました。 その経験で会津大学理工学部、京都産業大学経営学、日本大学工学部の教授として大学教育に従事してきました。 ビジネス領域で活動した医師免許所有者の社会的責務として、日本を支えるビジネスパーソンのメンタル障害を解決することが重要と考え、ベスリクリニックを開設し現在に至ります。 医療で解決できない問題を、自ら解決法を開発するとともに、ビジネスを含め、広くサービスを探査、提供したいと思っています。
著書
「病院経営を科学する!」遠山峰輝・堤達郎共著(日本医療企画) 「田中教授の最終講義」 田中伸明(産学社) 「デキる看護師の思考法」田中智恵子共著(日本医療企画)

田中 遥

役職
副院長 医師 産業医 
経歴
福島県会津高校、東京慈恵会医科大学医学部卒。
大学時代は部活・勉学の傍らコンサルティング会社でのインターン、医療産業イノベーションフォーラムに出席し、当時出会った友人とともにApplicare医療系アプリ開発コンテストの開催に携わりました。 その後聖隷浜松病院で研修を行い、2018年4月よりBesli Clinicで勤務しております。週末は自律神経の研究を行い、単に病気が治る医療ではなく、どのように生きるかを追求する医療を目指しています。
診察室では、時には人生のあり方についてじっくりと話し込むこともあるかもしれません。人は経験した事しか判断することができないものです。病いは転機です。辛い思いをしたからこそ、周りに優しくなれます。よりよい未来をつくりあげるために、日々診療に従事していきます。

井原 裕

役職
精神科医  メディカルディレクター (非常勤)
経歴
獨協医科大学越谷病院こころの診療科 教授(現任)
医学博士
都心の大学病院・農村の精神科病院・駅前のクリニック・企業の健康管理センター・児童相談所と多様な治療の場で診療を実施し、多彩な臨床経験のもとに、就学前から超高齢者までの、ほぼすべての年齢層の患者様を診察しています。対象疾患も、うつ病・統合失調症・発達障害・知的障害・認知症・不安障害・パーソナリティ障害等、全領域にわたります。「くすりにたよらない精神医学」(日本評論社)などに代表されるように、身体を整えることで投薬に頼らない治療を実施しています。
著書
「生活習慣病としてのうつ病」(弘文堂)「うつの8割に薬は無意味」(朝日新聞出版)

赤松 直哉

役職
医師 産業医   
経歴
 愛媛県愛光高校、北海道旭川医科大学卒。 学生時代は光トポグラフィを用いた研究をしました。 卒後は獨協医科大学埼玉医療センターに勤め、現在もこころの診療科 医師として勤務。 2018年4月からBesli Clinicで診療しています。  

吉田 英司

役職
医師 産業医(非常勤)
経歴
岡山大学医学部卒業。東京都健康長寿医療センターにて臨床研修後、米系コンサルティング会社に勤務し幅広い分野(医療系、不動産、IT、金融系等)の戦略や経営計画策定に従事しました。 その後株式会社フラバブリッジを設立。人事コンサルティング事業、海外ヘルスケア企業の日本参入プロジェクト、日本医療の海外輸出プロジェクト等と視野を世界に広げヘルスケア産業に関わってきました。 医師としては、専属産業医を歴任し現在は、産業保健の場では産業医はもとより健康経営支援業務、臨床の場では内科・心療内科医として働く方の健康管理を行っております。

田中 奏多

役職
医師 , COO (Chief Operating Officer)  
経歴
福島県立医科大学医学部卒業 医師 調理師
東洋医学(和漢・鍼)8年目であり、西洋医学に加え東洋医学を用いての診療、調理師免許をもち、食の分野では分子栄養学、食を含めた生活の医療を行います。ビジネスパーソンが直面する精神不調が増大している状況に治療、予防の開発が重要と考え、田中伸明と共に2015年ベスリクリニックを開設しました。日本大学工学部におけるロジカルシンキングを学んだ上、食、介護、教育、理工学、経営、未来のグローバル・リーダー育成の活動から、医療から日本を支える責任を感じました。次世代の医療、value of medicine を臨床の現場から作り上げることを志ながら目の前の患者さんへの価値を提供する新たな医療サービスをつくりあげています。
【患者さまへ】
病気や症状は、これまでのやり方、考え方、生き方に変化が必要という体のアラームです。生活習慣、生き方・人生を見直す機会という身体からのメッセージです。心身の健康は、仕事や家庭環境とも強く関係し、治療には医療はもちろん医療以外の視点も取り入れながら、一人一人の人生に合わせた対応が必要です。現在社会、医療が急速に変化しています。進歩する技術の導入と社会のニーズに対応する21世紀の医療サービスを創り上げる必要があります。女性医師として、2035年の社会モデルの中での医療モデルを大きな目標としています。

富岡 一幸

役職
マネージングパートナー
経歴
富士通にてソフトウェア開発を経験したのち、医療機器卸を経て現職。最新医療機器からシステム開発、ベンチャー設立にも関与。人材育成の必要性からNLPコーチなど資格も取得し、企業研修なども行っています。現在は、企業アドバイザーなど兼務しています。

群馬大学工学部卒

田中 智恵子

役職
マネージングディレクター、保健師・看護師・心理相談員
経歴
これまで、看護師、経営コンサルタント、大学教員などを経歴してきました。特に保健師として、減量プログラムの実施、初期のメンタル不調者に対して薬に頼らないプログラムの開発と実践を行い、健康経営の支援を行ってきました。 クリニックでは、問題解決手法、問題解決療法を治療に取り入れ、思考の成長を目指したケアを実践しています。

東京大学大学院医学系研究科卒業 著書「デキる看護師の思考法 他」

長田 梨那

役職
保健師・看護師・助産師
経歴
大学卒業後、総合病院産婦人科で勤務。女性のライフサイクルの視点から、身体心身に関するケアを実践してきました。その一方で、自らが不規則勤務を経験し、働く上で睡眠を含め心と身体の健康管理の重要性を痛感しました。働く人の健康を守ること・・・産業保健分野に関心が高まりベスリクリニックへ参画。「活き活きした、その人らしい人生の支援」を心がけています。

木村 豊美

役職
保健師・看護師・EAPメンタルヘルスカウンセラー 
経歴
大学卒業後、都立病院児童思春期精神科、虎の門病院血液内科で看護師として勤務。精神科、内科での経験を通し、心と身体両方のケアについて学びました。 精神疾患・血液疾患をもつ患者さんとの関わりから、今ある命をどう生きるかという大切さを学び、自分らしく生きることについて考えるようになりました。 予防的に関わりたいとの思いからベスリクリニックへ参画。 自分らしく生きるために一緒に考えていきたいと思います。

蓮見 紋加

役職
臨床心理士
経歴
文京学院大学大学院卒業後、心療内科クリニックで心理士として勤務。臨床心理士資格を取得しBESLIに参画。大学では、臨床心理学を学び、大学院では、「気分の変化が、睡眠習慣に与える影響」について、研究していました。

関本 文博

役職
臨床心理士
経歴
聖徳大学大学院修了後、心療内科クリニックにて臨床心理士として勤務。認知行動療法、応用行動分析など、EBM(科学的根拠に基づく医療)を次々と取り入れ、実践している。大学・大学院では、「交際相手への独占欲と攻撃性との関連」について研究していました。

野村 規雄

役職
臨床心理士
経歴
電機メーカーで携帯電話の開発エンジニアとして22年勤めましたが、会社の経営不振を機に臨床心理士を目指し、早期退職して大学院に進みました。その後、労働者向け電話相談、障害者の就労支援、行政系リワークでの勤務を経てBesliに参画し、リワークを担当することになりました。休職した時よりもパワーアップを目指してご支援させていただきます。
そのほか、非常勤の医師ほか医療スタッフが複数在籍しております。

診療時間・アクセス

11:00~14:30 -
16:00~20:30 - -
診療科
心療内科、内科、神経内科、精神科
休 診
土曜午後、日曜、祝日

東京都千代田区神田鍛冶町3-2
神田サンミビル8F

  • ・神田駅(山手線・銀座線) 徒歩 1分
  • ・岩本町駅(都営新宿線) 徒歩 5分
  • ・小川町駅(都営新宿線) 徒歩 5分
  • ・淡路町駅(丸ノ内線) 徒歩 5分
  • 薬に頼らない磁気刺激治療(TMS)をご希望の方へ
  • パワーアップ復職・リワークプログラムのご案内
  • 不眠や睡眠時無呼吸を心配されている方へ
  • 薬に頼らない治療希望の方へ
  • ビジネスメンタルトレーニング希望の方へ
  • 減薬希望の方へ
  • セカンドオピニオン希望の方へ
  • ご家族、同僚の方へ