投薬を前提としない心療内科・メンタルクリニック|メンタルケアならベスリクリニック

  • 初めての方

    初診お問合わせフォーム

  • 神田駅徒歩1分

    診療時間・アクセス

  • 薬に代わる急性期のうつ治療「磁気治療(TMS)」のご案内

わたしたちの治療はここが違います

薬を使わない最新うつ病治療「TMS治療」とは?
薬を使わない最新うつ病治療「TMS治療」とは?

「脳の病気」である、うつ病

うつ病は、長い間「こころの病気」として扱われておりましたが、近年「脳の病気」とも考えられており、脳機能の低下が原因の一つである場合があることが指摘されています。「判断、意欲、興味、実行機能」などの仕事に必要な脳機能をつかさどる、背外側前頭前野(はいがいそくぜんとうぜんや)が、うまく働かなくなることがうつに大きく関わっていることが分かってきました。

薬を使わず、磁気による刺激で脳の機能を活性化させる。それがTMS治療です。

TMS(:transcranial magnetic stimulation/経頭蓋磁気刺激法)は、うつに大きく関わる背外側前頭前野(はいがいそくぜんとうぜんや)を含む前頭葉を「磁気刺激」によりケアする治療法です。身体を傷つけることなく、磁気刺激により脳を活性化し、脳血流を増加させ、低下した機能を改善します。米国、カナダ、オーストラリア、ヨーロッパの一部の国では、TMS治療はうつ病の治療として認められており、日本でも2019年6月に保険診療として認可されました。

脳細胞を刺激し、『意欲・判断力・思考力』を改善します。

磁気刺激により、脳細胞を刺激することで抗うつ効果を発揮し、意欲・判断力・思考力を改善します。薬物治療、電気けいれん治療に比べて副作用も少なく、磁気刺激の間もリラックスした状態で治療を受けることができます。

こんな症状でお悩みの方に。
こんな症状でお悩みの方に。

Our features

「ベスリクリニック」の治療の特長

治療時間を92%短縮

最先端TMS治療をさらに改良し、
「働きながら」「空いた時間」に治療が可能になりました。

ベスリクリニックでは、2018年世界的な論文誌『Lancet』に掲載された最先端TMSのTBS治療(シータバースト)を導入しています。TBS刺激はrTMS刺激に比べ、同じ効果で治療時間を92%短縮できる最先端TMS治療です。当院では、さらにヨーロッパの専門家と共に論文プロトコールを改良し、世界最先端のTBS治療を行っております。時間を効率的に『働きながら治療がしたい』という方も昼休み、帰り際など日常生活の中でTMS治療ができます。

TBS治療(シータバースト)

治療期間を50%短縮

1日複数回TMS治療を行う
短期集中加速型のaTMS治療

TMS治療期間が1/2へ短縮することが1日複数回のTMS治療で可能です。「早く社会復帰したい」「遠方から短期で治療を受けたい」「夏休み、冬休み、連休に立て直したい」そんな方におすすめの治療です。
加速型TMS治療のaTMS(accelerated TMS)はここ数年、海外のTMS治療の現場でも注目が集められている治療です。
aTMS治療は方法により、治療効果を打ち消してしまう可能性もあります。当院では、aTMSは刺激方法を工夫しながら治療を行っております。

短期集中加速型のaTMS治療

日本人に合わせた刺激法

世界標準の治療を日本で最適に。

世界ではTMS治療はうつに対する標準的な治療となっています。日本は世界に10年遅れ、TMS治療が導入されたこともあり、TMS治療の専門家は保険診療を行う大学病院に集約されています。保険外診療では治療基準や専門性が問われないため専門的なTMS治療を受けられる場所は少ないです。
ハーバード大学TMSセンター留学医師、精神科教授、神経内科専門医、脳外科手術支援を行っていたCE(臨床工学技士)が連携し、1000症例以上の日本人に対するTMS治療経験があるTMS治療チームが治療を行います。当院では、日本人と欧米人の脳の構造の違いを元に日本人の脳にあう施術法を分析し、さらに施術者間の設定のばらつきなどを統制したことで治療効果が30%上昇しました。一人一人に合わせた「痛みの少ない」安全で効果的で専門的な治療を行っています。
EUのTMS専門家・大学病院とも連携しています。

田中奏多医師

田中 奏多 医師

福島県立医科大学卒業 マサチューセッツ大学MBACourse在学/調理師

「働く人を支える」薬に依存しない医療を展開するBESLI CLINICを2014年に協同創設、2030年を基準に医療現場から社会を支える医療経営を実践しています。産業医、MBAの視点からビジネスマン・ビジネスウーマンを支えております。ハーバード大学TMSコースを修了。TMSをベスリクリニックへ導入しまして、精神科教授、神経内科専門医、脳外科で手術支援、脳波を専門にしていた臨床工学技士と共に、日本人に合わせた世界最新のTMS治療の技術指導、統括を行っています。

・アメリカ・ハーバード大学TMSセンター留学
・アメリカTMS学会所属
・日本精神医学会実施者講習会受講
・Neurostar TMS企業講習会受講

Flow

治療の流れ

治療の流れ
治療の流れ

※ 最短翌日以降からTMS治療が行えます。原則当日のTMS初回は受け付けておりません。

Care Plans

治療プラン

course.1

TMS
シンプルコース

全30回

■ TMS / 20回+メンテナンス/ 10回

TMSシンプルコースは、
TMS治療を試してみたい方におすすめです。TMS治療は個人差がありますが、おおよそ10回程度から効果が表れます。TMS治療による脳の安定のため20-30回まで行います。

■治療期間目安 : 1~2週間

course.2

TMS
ライフスタイルコース

全30回+カウンセリング5回

■ TMS / 20回+メンテナンス/ 10回
■ セロトニントレーニング / 2回
■ 睡眠トレーニング / 3回

TMSライフスタイルコースは、
「からだの再発予防策」をとるコースです。生活や睡眠のコツを学び、習慣化までサポートし再発予防をします。朝にすっきり起きて集中力を出す「ビジネスマンの身体づくり」を行います。

■治療期間目安 : 4~6週間

course.3

TMS
ビジネスコース

全30回+カウンセリング10回

■ TMS / 20回+メンテナンス/ 10回10回
■ セロトニントレーニング / 2回
■ 睡眠トレーニング / 3回
■ ビジネストレーニング / 5回

TMSビジネスコースは、
「からだとこころの再発予防策」をとるコースです。入職・転職・昇進などにおける人間関係のビジネスメンタルスキルで再発予防をします。仕事の成果を組織でだせる「ビジネスマンの心身づくり」を行います。

■治療期間目安 : 2-3ヶ月

TMS•カウンセリング 1回3,500円 (別途 診察料+税)
TMS•カウンセリング 1回3,500円 (別途 診察料+税)

TMS初回診察料1,000円 (MT測定•位置測定•帽子耳栓 込)
TMS初回診察料1,000円 (MT測定•位置測定•帽子耳栓 込)

Depression Care&TMS

うつ治療とTMS

適切なうつ治療は段階に応じて、必要な治療を合わせる必要があります。 うつ病の回復は3つの段階を経て回復します。


うつは6割が再発するといわれています。再発をする多くは、再発予防策やメンテンナンスが不十分な場合が多いです。再発を防ぐ治療は、急性期・回復期・人間成長期を通してどのような治療をするかがポイントです。 原因がありうつになった場合は、同じ原因が再び起こるとうつ再発の可能性が高く、症状治療だけはうつ治療の終結ができません。 薬に頼らず、うつ再燃を予防するには、原因に対する治療を含めて行うことが必要です。

Q&A

よくあるご質問

他の病院に通院中ですが、TMS治療が受けられますか?
当院では、かかりつけの先生を変えない、併診でのTMS治療を行っています。

精神科、心療内科は近くにあり、いざというときにすぐに通うことができることが安心して通い続けられる大きな要素の一つです。家の近くで、今までしっかりと診て下さっている先生と併診で、安心して心の医療を継続できます。当院では、薬物療法、治療方針等は主治医の先生のまま、連携しながらのTMS治療を行うことができます。また、遠方からTMS集中治療がしたいという方にも対応しております。

まずはお気軽にご相談ください。

副作用はありますか?
TMS治療はうつ病の薬物療法、電気けいれん療法に比べ、副作用は少ないとされています。
薬物療法におこりやすい強い吐き気や、ふらつき、性機能障害等はなく、電気けいれん療法のように記憶がなくなる記憶障害や、麻酔等による身体の負担がない治療です。軽い頭痛・痛みによる迷走神経反射(吐き気・ふらつき)等を認めることがありますが、重い副作用であるけいれん発作は0.1%のみです。
重い副作用のけいれん発作が起こったら?
けいれん発作が起きた際の緊急時訓練を院内で定期的に行っております。ハーバード大学のTMS治療で使われている緊急対応を元に緊急時の対応を行います。けいれん発作が起きた際には必要に応じて輸液、抗けいれん薬等の投与など緊急対応を行い、連携病院へ救急搬送いたします。
治療中意識がありますか?
TMS治療は電気けいれん療法と異なり麻酔は必要ありません。
意識がある状態でリラックスして治療を受けられます。
痛みはないですか?
TMS治療は「デコピン程度の痛み」と表現される患者さんが多いです。痛みは回数を重ねるごとに気にならなくなります。当院ではTMS専門スタッフが痛みや不快感をおさえ最適な効果を示す個人に合わせたTMS治療を心がけております。
TMS治療の頻度は?
週5回4~6週連続のTMS治療が世界標準のプロトコールです。脳の状態を安定させるため最初の10回の治療間隔は空けない方がおすすめです。夏休み、冬休み等を使った遠方からのTMS治療の場合は、刺激法を工夫し、2~4週の短期間集中TMS治療も行っています。
予約はとれますか?
当院は複数台のTMS治療機器があり、平日は20時過ぎまで、土日もTMS治療を行っているためTMS治療の予約がとりやすいとご好評いただいております。ラインで気軽に予約情報も問い合わせでき、施術の1時間前まで予約が取れます。忙しいビジネスマンが時間が空いた時にTMS治療ができるように日々TMS治療枠を調整しております。
TMS治療中の評価は?
TMS治療中の評価には、標準化されたスケールを用いることが望ましいと考えられています。当院では定期的に心理検査を実施し、治療効果を含めTMS治療について相談できるように対応しています。
誰でもTMS治療を受けることができますか
当院では安全に治療を行うため、TMS治療に基準を設けております。
医師の問診・身体診察により、TMS治療が実施できるかを診断した後TMS治療となります。

□医師がTMSの適応でないと判断した場合
□17歳以下 、65歳以上
□死の危険性
□妊娠
□人工内耳・ペースメーカーDBS・投薬ポンプを使用している
□以下の病気がある
 ・統合失調症・双極性障害・強迫性障害
 ・アルコール依存症・パーソナリティー障害
 ・脳の器質的疾患(脳梗塞・脳出血・くも膜のう胞を含む)
 ・てんかん・摂食障害など
□他患者様・スタッフへの診療妨害行為・危険性

保険診療のTMS治療は受けられますか?
当院では保険診療のTMS治療自己負担分と同等の価格でTMS治療を実施しております。保険診療のTMS治療は、症状が重い方、高頻度の通院が難しい方、経済的困窮に直面している方等が適しています。rTMS研究会では、統合失調症や双極性障害、TMS治療の対象にならない年齢にも高額なTMS治療を行っている医療機関を名指しで強い注意喚起がされていました。診察の医師、定期的なTMSミーティングで地域の精神科中核病院等での治療が望ましいと判断した場合、TMS治療の途中でも中断させていただき、適切な医療機関にご紹介いたします。
チケット制やローンは組んでないの?
当院ではTMS治療をチケット制やローンを組んでおらず、あえて都度払い制を行っています。TMS治療を始めたが身体に合わない、ご家庭の事情等で突然通院できなくなる、未成年の方や学生さんなど経済的に未自立な方が保護者に相談せず借金をすることの防止をするためです。心の治療はご家族のサポートも重要と考えており、医療機関として治療により生活や家庭が崩壊してしまうことは望んでおりません。

Case Reports

TMS(磁気刺激治療)症例

※プライバシー情報保護の観点から事例には手を加えてあります

人物像

休職2ヶ月目、薬物療法で治療中の方

37才男性

9か月前に昇進をしたことをきっかけに仕事がうまくいかなくなり、6か月前から抗うつ薬、睡眠薬の服用を始めました。3ヶ月前より仕事が繁忙期で忙しくなり、2ヶ月前から休職を開始しました。

忙しい中で休む罪悪感がつよく、気力が低下することで外に出るのがおっくうになり、だんだんと昼夜逆転し睡眠薬がふえていきました。

初診時、SDS 67点とうつ状態をみとめており、寝つきに3時間以上かかり3時就寝11時起床、途中で3,4回起きる状態でした。当院では1日複数回のaTMS治療をうけ10回の時にはSDS 52点と改善をみとめ朝のすっきり感と、頭のすっきり感を自覚されました。

TMS15回目からビジネストレーニングを開始し、TMS20回目にはSDS34点と改善をみとめておりました。復職に対して初診時には不安を感じていたものの、ビジネストレーニングで上司―部下関係を見直し、認知を変化させたことで自信をもって復職しました。
復職6か月後のフォロー時も朝すっきりおきられており、新しくプロジェクトをまかされたとしっかりと仕事に向かっています。

※SDSはうつ状態の自己評価尺度で、40以上をうつ状態と判定します。

治療TMS治療・ビジネストレーニング

人物像

39歳 男性
夕方の集中力低下
脳過労 集中力を維持したい

コンサルタントとして活躍し、3年前の昇進後から特に仕事に集中した夕方に頭が重くなる症状を強く自覚するようになりました。近くのクリニックでデパスを処方され、服用すると肩の力が抜けて楽になる一方、強烈な眠気と戦いながら仕事をするようになっていました。同僚がTMS治療をうけており、業務中の集中力が上がったと聞き、TMS治療希望として来院されました。

当院初診時、SDS 52点であり、翌日から週3回の頻度でTMS治療を開始しました。治療初回から、頭にモヤがかかっている状態がすっきりしたと笑顔になられておりました。 TMS治療5回目の時にはSDS 24点と改善を認め、デパスを使わなくても頭がすっきりしていると話されていました。

TMS治療10回目からは週1回に変更しましたが、その頻度だと最後の2日間は頭がぼーっとする感じが強くなると話されたので、週2回に変更しました。TMS治療20回目の時には脳が安定してきたので、再び週1回に戻し、現在では2週に1回メンテナンス治療を行い、頭のすっきり感を継続しています。

※SDSはうつ状態の自己評価尺度で、40以上をうつ状態と判定します。

治療TMS治療・ビジネストレーニング

About Besli Clinic

当院ベスリクリニックについて

山手線「神田駅」から徒歩2分。

充実の設備とプライバシーに配慮した院内で、ゆったりとくつろぎながら治療を受けていただけます。

ベスリクリニック院内写真