投薬を前提としない心療内科・メンタルクリニック|メンタルケアならベスリクリニック

  • 初めての方

    初診ご相談フォーム

  • 神田駅徒歩1分

    診療時間・アクセス

  • 薬に代わる急性期のうつ治療「磁気治療(TMS)」のご案内

診療内容

薬に代わる急性期のうつ治療「磁気治療(TMS)」

急性期のうつのメカニズムと、磁気治療(TMS)

人は仕事や対人関係などでストレスを抱えたままでいることで、まず睡眠、食事など生活リズムが崩れてきます。それに伴い、ぐるぐると同じことを考え続けてしまう、何も考えられない、など思考の変調も誘発され、双方が負の相互作用を起こすことで抑うつ状態のスパイラルに陥り、病院でうつ病と診断されます。
一般的に、うつ病の治療は下記のような遷移を辿ります。

うつ病の変化

多くの人は、心身の状態が最悪の状態で来院する(急性期)から、それ以上悪くさせないという状態(低くても安定させる安定期)、その後に回復期と向かいます。薬だけで安定させてしまうとそのまま牧畜医療へ進み、元の状態(あるいは回復の兆しが見えた段階)で治療をやめてしまうと再発は高くなってしまいます。そのため、元の状態よりもより高めるための成長医療を行うことで対応力が向上し、「卒業」することが出来ると考えています。

急性期の症状としては、イライラ、不安感、抑うつ感、億劫感などが見られます。
このような急な脳の変化に素早く対処するためには、今まではお薬を使うのが効率的な方法とされていました。
しかし実際に患者様の声を聞くと、薬を飲むことに対して「依存性が怖い」、「吐き気、体重増加など副作用が嫌だ」という方が多くいらっしゃいます。
ベスリクリニックでは、このようなご希望をお持ちの患者様に、薬と同等の効果があり、副作用・依存性の少ない磁気治療(TMS)をご案内しております。

Q1. 磁気治療TMSはどの様な治療ですか?

磁気治療TMS(transcranial magnetic stimulation)は、「磁気刺激」「磁気刺激療法」と呼ばれます。うつ病により、脳の代謝が落ちている機能を改善する治療です。

通常、正常な脳は下記の図左のように黄色い部分(=活性化している)が多く見られ、活発に働いています。しかし、うつ病を発症している脳では図右のように青い部分(=活動が低下している)が多く、活発に働いていないことが見られています。
このように脳の血流・代謝の低下がうつ病に関係している可能性は大いにあるといわれています。

磁気治療(TMS)は、感情や情動を司る(偏桃体)を磁気刺激することで機能低下した脳の回復を行い、意欲・判断力・思考力の向上を図る治療です。

TMS治療はクリニックによって治療方法が異なりますが、当院では、一回20~30分程度の治療になります。治療は連続的に受ける方が効果的で(5回程度)、その治療を4週間から6週間ほど続けていただくことをお勧めしています。
体感は人により異なりますが、早い方では最初の5回程度で変化を感じはじめ、10回ほどで殆どの方が変化を感じたとのお声を頂いています。

Q2. 磁気治療(TMS)と薬の治療効果はどのような差がありますか?

抗うつ薬
SSRI・SNRI
経頭蓋磁気刺激療法
TMS
電気けいれん療法
ECT
治療目的 落ち込みの改善
意欲の回復・向上
落ち込みの改善
意欲の回復・向上
落ち込みの改善
意欲の回復・向上
治療の場 外来治療 外来治療 入院治療
実施時には麻酔と
筋弛緩剤を投与
一回の治療時間 毎日~ 約20分/回 30~45分/回
治療期間 2、3日~ 5~10回(最大20回) 6~12回(最大15回)
効果の出現 服用後2、3日 5回(連続が効果的) 3回から4回
効果の度合い※1 1.00 1.48 2.45
副作用 眠気、体重増加
吐き気、手の震え
微熱感など
頭部の不快感
(本人の感じ方)
健忘症
総治療費 単回の費用は低価格
長期化すると高い
施設による差が大きい 診療報酬点数
入院費用+治療費用

※効果の度合いとは、薬の平均的効果を1とした場合の効果を示す。

このように、磁気治療(TMS)は薬のような依存性、副作用の心配も少なく、また、電気痙攣療法のように入院する必要もなく、ご都合のよい時間に気軽に治療を受けられる治療のひとつです。

Q3. 脳を刺激するとのことですが、実施中は痛みなどないですか?また副作用などはおきませんか?

磁気刺激を発生させるため、実施中はパチパチという小さい音とともに短周期の刺激があります。痛みの感じ方は人それぞれですが、まったく痛みとして感じない方もいらっしゃいます。殆どの場合、慣れが生じ、回数を重ねるごとに不快感が軽減するため、これを理由に治療が中断される方はあまりいらっしゃいません。それでも、刺激を強く感じる場合には出力調整を行い、安心して治療を受けていただくように工夫をしています。

副作用としては、刺激による軽度の痙攣が報告されていますが、発生率は0.1%未満と言われており、依存性については認められていません。これらの数字は抗うつ薬の副作用・依存性よりも少ないと考えられます。

Q4. 費用はどのくらいでしょうか?

ベスリクリニックでは、治療を受けやすいように下記のような価格になっています。
単回費用:5,000円(消費税別)
5回セット価格:20,000円(消費税別)

※TMS治療のみをご希望の方は受付にお申し出ください。

Q5. 申し込みから治療までの流れはどうなっていますか?

  • お申し込み

    お問い合わせフォームまたはお電話(03-5295-7555)にてお申し込みください。

  • TMS適応判断

    磁気治療(TMS)の実施が可能か、診察させていただきます。その後、TMSの治療開始となります。

  • TMS初回治療

    ・より患者さまにご安心いただくために、1回のみのTMS治療も承ります。継続の義務はありませんので、身体に合わないと感じたら初回のみでやめていただいて結構です。
    ・継続ご希望の患者様は磁気治療(TMS)を中心とした継続治療をご提案させていただきます。
    ・患者様が通院可能なスケジュールを相談させていただきます。
    ・磁気治療(TMS)はクリニック別階で専門センターを設け、スムーズに治療可能です。また平日夜は20:30まで営業していますので、お忙しい方でも安心して通院いただけます。
    ・磁気治療(TMS)と併用して他治療も対応可能です。

  • TMS継続治療

    TMSの治療効果をあげるために、他の治療との組み合わせもご案内しております。また、治療効果を随時判断するために、医師など専門職の面談を実施しております。

  • 治療完了

ベスリクリニックの磁気治療(TMS)治療の特徴

1. 精神科医と神経内科医の専門家による適応判断、実施中のケア

うつ治療のひとつである磁気治療(TMS)は脳を活性化します。ベスリクリニックには精神の専門家である精神科医、脳神経の専門家である神経内科医が在籍しており、治療時には双方の立場からTMS治療の適応であるか、治療は順調であるかを判断し、万全のフォロー体制で臨んでいます。

※光トポグラフィー診断について
一部の病院では、光トポグラフィー検査を用いた診断をしているところもありますが、光トポグラフィー検査は精神科専門医の補助診断の一つに過ぎません。
当院では、精神科専門医(大学教授等)4名の精神科医師が在籍し診断をおこなっておりますので、患者様にご負担をかけるこのような検査は実施しておりません。

2. 薬に頼らない治療の徹底、さらなる強化としての磁気治療(TMS)

当院では初診の患者様の90%にはお薬(抗うつ剤、抗不安薬)を使っておりません。しかし急性期の症状をいち早く緩和させるため、10%の患者様にはご相談の上、お薬を一次的に飲んでいただいておりました。

しかし磁気治療(TMS)の導入により、さらに薬に頼らずに、脳内ホルモンや脳伝導を刺激し整える、急性期の治療の1つとして実施が可能になりました。
実際に治療を受けた患者様からは、「頭がすっきりした」「ちょっと○○をしてみようか」などの気持ちや行動の変化になった等の声が聞かれています。

3. トータルケアで、思考・行動の成長を支援

磁気治療(TMS)は急性期の治療には効果を出しますが、次の段階はその根本原因の治療をしながら、同じことを繰り返さないメンタルトレーニングが必要になってきます。
ベスリクリニックでは、その方の原因に応じたカウンセリング実施し完全治療はもとより再発防止を目的として患者様と一緒に治療に取り組んでいます。

詳しくは下記のページをご覧ください。

薬に頼らない診療内容

うつ病の変化と治療の選択

磁気治療(TMS)のお問い合わせ・申し込み

診療内容

診療時間・アクセス

11:00~14:30 -
16:00~20:30 - -
診療科
心療内科、内科、神経内科、精神科
休 診
土曜午後、日曜、祝日

東京都千代田区神田鍛冶町3-2
神田サンミビル8F

  • ・神田駅(山手線・銀座線) 徒歩 1分
  • ・岩本町駅(都営新宿線) 徒歩 5分
  • ・小川町駅(都営新宿線) 徒歩 5分
  • ・淡路町駅(丸ノ内線) 徒歩 5分
  • パワーアップ復職・リワークプログラムのご案内
  • 不眠や睡眠時無呼吸を心配されている方へ
  • 薬に頼らない治療希望の方へ
  • ビジネスメンタルトレーニング希望の方へ
  • 減薬希望の方へ
  • セカンドオピニオン希望の方へ
  • ご家族、同僚の方へ
  • 睡眠ドック